トチノキの花のシーズン

[2008/05/27 更新]


日本のマロニエ、トチノキ。栗の実の砂糖菓子をマロングラッセといいますが、トチノキがものすごく苦いように、マロニエの実=マロンも苦いです。そう、マロンはトチノキの西洋版であって、栗じゃないんですよー。

そんなトチノキ。今、札幌都心では花が満開です。
トチノキの花は、白くて房になって咲いています。
房は上を向いています。

思い切って花に寄って見ると?!

遠目から見たおとなしそうな雰囲気とはうってかわって、
華やかなお姿!!
近くからみると生きている生々しさが感じられますね。

大通公園のトチノキ。

札幌駅前通りの、大通公園あたりから、南4条まで歩道に並木として植えられています。
↓これは大通4丁目のもの。

定山渓へと続く石山通りには、中央分離帯には
大きくて立派なトチノキが並んでいます。
見事ですよ。


[札幌都心で生活も観光も楽しむサイト]札幌てくてく

最新エントリ

月間アーカイブ

rss