子ども映画制作ワークショップ-狸小路ロケハンの巻(続き)

[2010/07/06 更新]


6/27(日)ロケハンの続きです。

現場を見てきてから、
屋内に戻って、写真を見ながら
各グループの意見をみんなで確認しあいました。

発表前に、まずグループで確認作業。

そして、グループごとのロケ地のアイディアを
写真を見ながら発表。

板書する、スタッフの栗山さん。

ところで、これまでの「札幌てくてく」のレポートでは
タイトルも内容もまだ内緒にしていますが、
いったいこの映画が「狸小路」とどうからむのかと
気になる読者もいらっしゃるでしょう。

じつは、これまでのロケ地でもそうでしたが、
映画づくりの条件としては、「狸小路をロケ地とする」
ということしかなくて、
必ずしもこの映画は、狸小路を主題にしなくてもよいのです。

出来上がった映画が、どのように「狸小路」という場と
からみあっているのか。
それも見てのお楽しみ、というわけです。

いつも歩いている狸小路ですが、
今回中学生のみんなと一緒に歩いて
この街をロケ地として考えたとき、
改めて、おもしろい場所だなあと思いました。

たとえば、「録音」という視点でみると、
街頭放送やお店の音楽の音が
大きすぎるくらいの丁目もあれば、静かな丁目もあります。

映画の仕掛けに使えそうなものも、いろいろあります。

店構えも、古くからある商店街らしいところもあれば、
お店としては古いのだろうけれど現代風に改装したようなところもあったりと
さまざまです。

あと、狸小路と言えばやはりアーケード!
全天候型というのは、限られた撮影期間の中では
かなり素敵なことですよねー。

いろんな顔を持つ街、狸小路。
うーん、また新しい面を見た気がします。

これが、映画という1つの作品となって完成すると、
その中で見えてくる狸小路もきっと、また違うんだろうな。


ワークショップは、この次の回は
役者の台本読みや衣装小道具決め、そして
撮影・録音係は、機材の使い方を学ぶ、といった内容へ進んでいきます。

本格的な映画制作の雰囲気が、どんどん高まってきます!

[関連サイト]
シアターキノ
札幌狸小路商店街合

[関連記事]
いよいよ狸小路でロケハン!−子ども映画制作ワークショップ [2010/07/05 更新]
ザ・オーディション!子ども映画制作ワークショップ [2010/06/24 更新]
子ども映画制作ワークショップは、脚本づくりの佳境に入ってます。[2010/06/18 更新]
狸小路ロケの子ども映画制作ワークショップ。初回をのぞかせていただきました。[2010/05/31 更新]
狸小路ロケで作る子ども映画ワークショップの説明会に行きました。 [2010/05/27 更新]

古書に親しむ in シアターキノ [2010/03/18 更新]
札幌国際短編映画祭のチケットを買いました。Sapporo Short Fest 2009[2009/10/01 更新]
鉛筆、ありがとう。-Thank you my pencil.[2009/02/25 更新]


■もっと札幌都心を歩こう!「札幌てくてく
Sapporo tekuteku, to wander around Downtown Sapporo.

■Twitter用につぶやきブログはじめました!
http://www.sapporoteku2.net/blog/
Twitterはこちら。http://twitter.com/sapporoteku2

最新エントリ

月間アーカイブ


rss