表示成分を見ておくといい

オーガニックコスメは素材が大切ですが、化粧品素材に有機素材利用されてる物をオーガニックコスメと呼びます。そして無添加化粧品、自然派化粧品はオーガニックといったイメージ持ちやすいのですが、オーガニックはこれらとちょっと違います。

そして、日本でオーガニック認定は農林水産省管理していて、食品はオーガニックをうたうときはJAS法によって検査して認証されればマークを付けることが義務付けられているのです。

そして、オーガニックコスメは100%オーガニック原料のみで作られてるものもありますが、必要最低限の化学物質含まれてるのがあります。そして、大事なことは化学物質がすべて悪ではないということ。

人体に対して安全性確保され、化粧水など水分多い商品の筋増殖抑えて安全に利用するため必要なものであれば肌につけても問題ないのがあります。

そして化学物質が絶対にダメとせず、何が入ってるのか見極めていくのが大事なのです。そして日本はまだ化粧品のオーガニック認定をする機関がないですが、海外は独自の厳しい基準を持ち認定してる機関があります。また、ケミカルコスメからオーガニックコスメへ切り替え時期は肌なれるのに時間かかる方がいますが、肌が健康になれば過剰なスキンケア不要となります。肌が荒れてきたり、美容液などたくさんケアアイテム利用したり、肌へ刺激多くなってきたりなど悪循環ですが、本当に肌が必要とするものだけ利用してくケアなら、肌が自分で健康になっていくわけです。

そして、コスメ買うとき成分表示しっかりみて下さい。香料ですが、これについて明確な表示基準なく何でもひとくくりに香料と表示できるのです。そしてどういう香料はいってるのか、それが肌にどう影響あるのか知らないです。

 

最近ではオールインワンジェルなどもオーガニック思考のものもあるようです ⇒無印とかだしてきています

PR オールインワンジェルのおすすめサイト

10年間、肌荒れに悩んだ私がオススメする自然派化粧品

私は思春期から就職後まで、約10年肌荒れに悩んでいました。具体的には吹き出物・赤み・毛穴の開きです。

高校生になるとお化粧も覚え、肌荒れを隠すため化粧する→余計肌が荒れるを繰り返していました。

皮膚科からの塗り薬で沈静化していたものの、社会人になり中々病院に行けない日が続くとまた肌荒れに悩まされるようになりました。そんなとき友達からオススメされて購入したのが、せっけんで落とせるオーガニック化粧品でした。

友達も乾燥肌や赤みに悩んでいたときにオーガニック化粧品に変えたところ、大分落ち着いたとのことで、私も試してみました。

主にナチュラグラッセ・MIMCを愛用しています。化粧品をこの2社に変えたところ、肌荒れは驚くほど落ち着きました。ファンデーションは水や石油を使わず、美容液と自然のもので作っているので、クレンジングせずにせっけんで落とすことができます。ファンデーションを塗っていても美容液で保湿しているような使い心地で、肌は乾燥せず、保湿されるので毛穴の開きも少し改善されたように思います。

ただ、自然由来の成分なので、カバー力はやはり石油系成分と比べると劣ります。MIMCは特に下地など使わずに、基礎化粧品で肌を整えたあとファンデーションを塗るのですが、私は下地(と日焼け止め)としてナチュラグラッセの化粧下地を使っています。下地を塗ることでにきび跡や薄いシミ・毛穴がカバーされ、肌がワントーン明るくなります。個人的にナチュラグラッセの下地+MIMCのリキッドファンデの組み合わせは、せっけんで落とせるのにカバー力もあり、最高に良いです。

お値段はお安くはないですが、下地もファンデーションも伸びがいいので、コスパは悪くないと思います。乾燥肌や混合肌、赤みで悩んでいる方にはぜひ一度、ナチュラグラッセやMIMCのようなオーガニックの化粧品を使うことをオススメします。

ホホバオイルは肌のダメージとても効いて健康な肌を取り戻してくれる

ホホバオイルが肌にいいのは昔からよく知られており、化粧品の成分として使われたり、ホホバオイル単独で使われるなどしています。
ホホバという植物から抽出されるのがホホバオイルですが、ホホバはカリフォルニアなどの砂漠地帯に存在するもので、アメリカのインディアンが肌の保護や肌のダメージを治すために古くから用いてきました。
ホホバは灼熱の過酷な環境にも適応して成長できる植物で、その植物から抽出されたホホバオイルはホホバの生命力がそのままオイルになったような実に多くの効能があります。

ホホバはワックスエステルという人間の肌の健康にとって欠かせない成分を最も多く含んだ植物です。

ホホバオイルが含まれている化粧品を使うのもいいですし、ホホバオイルそのものを肌に使用して、ダイレクトにホホバオイルの効能を活かすこともできます。

ホホバオイルは肌を健康的によみがえらせることができるため、肌の様々なトラブルに悩まされいるような人には特におすすめです。
またホホバオイルが肌に合わないという人はあまりいないため、安心して使うことができます。

刺激も少なく肌にスムーズに浸透し保湿の働きをしてくれ、どんな肌質にも合わせてその効能を発揮してくれます。
乾燥肌の人も脂性の人も、ホホバオイルは適切な肌の皮脂状態を保ってくれます。

肌が潤い、ツヤやハリが復活し、肌荒れに悩んでいる人もその解消の効果が期待できます。
肌だけではなく、頭皮にも使用することができます。
髪の健康や育毛のためにホホバオイルを上手に利用している人もいます。


ホホバオイルには、天然のままの未精製のホホバオイルもあれば、加熱処理をしたホホバオイルもあります。

どちらも高い効能に変わりはありませんが、未精製のホホバオイルの方は処理をしていない分そのままの状態のオイルになります。
値段は未精製のホホバオイルの方が高いです。

お肌の荒れを気にしない自然派化粧品

ちょっと神経質なところがあるのか、化粧品に関してはオーガニックであったり無添加であったりで必要以上にこだわりを持っています。特に40代に入ってから気にするようになりました。

CMで放映されているような高価な化粧品は現在は一切使用していません。現在はということは以前は使っていたということです。なぜ使わなくなったかというと肌荒れがひどくなってきたからです。知名度の高い化粧品は確かに一度は使ってみたくなります。

でも実際のところ私の場合は肌荒れがひどくなってしまいました。急激にひどくなったわけではなく、使っているうちに少しずつ荒れてきた感じです。 確かに高価な化粧品はつけた後一時的に見た目は綺麗になったように感じます。

でもお肌に対しては刺激の強い添加物を多く入っているのも事実です。一時的な美容には効果的かもしれませんが、使っているうちに少しずつお肌にダメージを与え続けているように思います。少なくとも私の肌にとってはそうだったと感じています。若い頃はお肌も強かったのかその手の化粧品を使用しても問題ありませんでした。

お肌につけるとすぐに染み込んできてしっとり感を感じていました。肌質も良くなったような気もしていましたし、高価なだけあるなと思っていました。一方で自然派化粧品はお肌の浸透もいまいちだし、保湿においても瞬間的な効果は感じませんでした。若い頃はその瞬間的な一時的な部分で効果があるなしを決めていたと思います。

でも年齢を重ねていくと瞬間的なものよりもとにかくお肌にダメージを与えたくないという気持ちが強くなってくるものです。ブランド性の高い化粧品は一時的なお肌の荒れは防いでくれるし一時的な美容には効果があると思います。

自然派化粧品は効果を感じるまでには時間がかかりますが、自然素材のみを使用しているので日々使っているうちに肌質そのものを改善してくれます。

そこが一般的な市販品の化粧品とオーガニック系の大きな違いだと思います。

安心して使える!産後の敏感肌に使用した自然派化粧品で美肌に

私が自然派化粧品にこだわるようになったのは、出産してからです。妊娠する前は普通肌だったのですが、産後は肌が弱くなってしまい敏感肌に悩むようになったんです。今まで使ってきた化粧品は全て刺激を感じてしまい使うことができなくなりました。今まで使ってきた化粧品のせいで肌が常にガサガサと乾燥して、ヒリヒリ赤くなって痛くなってしまったんです。

肌荒れがひどくてこの先どうしようと不安になっていた時、職場の人から自然派化粧品の「HANAオーガニック」をすすめられたので使ってみることにしました。

石油由来成分を使っていないので、これは安心できそうだなと思いました。私は薔薇が好きなので濃縮オーガニックローズが配合されているところがとても気に入っています。普通の化粧品のキツイ臭いは苦手なので、自然派化粧品の香りはすごくいいなと思いました。

オーガニックだとわかっていても最初は肌につけることが怖かったんです。でも思い切ってつけてみたら、肌にすぐにスーっと浸透していきもちもちの肌になりました。まったく肌が痛くならないのですごく嬉しかったです。初めて自然派化粧品を使ったのですが、こんなに肌に優しいんだなと驚きました。

HANAオーガニックを使って一年ぐらい経ちますが、透き通るような美肌になり周りから羨ましいと言われています。産後肌荒れして肌が老化してしまったのでがっかりしていたのですが、妊娠する前の肌よりも潤いがありハリのある肌になり満足しています。保湿効果が高いのでごわついていた肌がなめらかになりました。肌が健康的になったなと毎日実感しています。

自然派化粧品を使う前は低刺激だけどあまり美肌効果はないのかなと勝手に思っていましたが、実際に使ってみたら想像していたよりも美肌効果がありこの先も使うなら絶対に自然派化粧品だなと思いました。

肌本来の自浄力を取り戻すなら自然派化粧品がおすすめ

女性にとって必要不可欠な化粧品ですが、毎日のように肌に載せるものだからこそ、綺麗になるだけではなく、肌への負担を考えていく必要があります。特に荒れなければ何でもいい、なんとなく人気の化粧品だから使っているというかたも少なくありませんが、一度冷静になって配合されている成分一覧表を見てみましょう。

よくわからない薬品が入っていて、どういった影響が出るものなのか心配になってくるはずです。

もちろん、日本国内で売られている数々の化粧品は、厳しい審査を経て安全基準を満たしたものが流通しています。しかし、より自然に近い成分で作られている自然派化粧品であれば、肌の弱いかたでも安心して使用していきやすいという点や、化学的な成分の力ではない、植物の力によって肌本来が持っている綺麗になろうとする力をサポートしていくことができるのが魅力です。

自然派化粧品の大きなメリットは、極力石油由来や合成成分が排除されているところや、保存料や人工香料、着色料といった余計なものが入っていないものが多いという点が挙げられるでしょう。また、成分自体が非常にシンプルであることから、万が一肌に合わない場合には原因の成分を特定しやすいというのもいいところです。ただ、利用されているものはそのほとんどが草木やハーブといった、民間療法などで心身のコンディションを整えるために親しまれてきたものになります。人の身体と相性がいいものばかりなので、薬や化学品のように劇的な変化こそ望めないものの、安全に継続的に利用していきやすいのです。

本当に肌の健康を考えているのであれば、自然派化粧品は嬉しいポイントが満載です。乾燥を改善したいのであれば肌保っている水分調整機能を整え、ベタつきを抑えたいのであれば皮脂量をコントロールする力をサポートする、シミの解消にはターンオーバーの正常化など、薬品で誤魔化すのではなく、直接肌に働きかけることで改善効果が期待できます。

オーガニック化粧水で健やかな肌を手に入れる!

今まで、美容化粧品を購入するに当たっては、とにかく安さを重視してきた私。オーガニックであるかどうかとか、配合成分だとか、そんなことには全く気を使ってなかったんですよね。なんだろう、基本、保湿が出来ればそれていいという、非常にシンプルな考えが根底にありました。

それでまあ、自分としては納得のいくお肌をキープできていましたし、この先も同じ考えのもとスキンケアを実践していくとばかりに思っていました。そんな中、久しぶりに実家に帰ったときのことです。

実家には、親と一緒に妹も同居しているのですが、妹と顔を合わせた瞬間、次のようなことを言われました。

それは「お姉ちゃん、お肌が荒れてるねえ」です。

え?お肌が荒れてる?どこが。今日はむしろいい感じだよ。とまあ、妹の指摘に一瞬戸惑いましたが、実は妹、デパートの美容部門で働いてたことがあって、その手の知識にはかなり詳しいんです。

そんな中、一つの化粧品を紹介してくれたのですが、それが、いわゆる自然派化粧品と呼ばれるものだったのです。具体的にはHANAオーガニックの化粧品を進めてくれたのですが、これを使い始めてから、私のお肌は劇的に良くなっていきました。

やっぱり、オーガニックコスメはいいですねえ。なんでしょう、不要な成分が含まれていないから、お肌にすごく優しいんです!ちなみに、この化粧水を使い始める前と、使い始めた後の自分のお肌を比較すると、いかにお肌が荒れていたかを実感します。

実は、この化粧水を使う前に、どれだけの変化が得られるかを見比べるために、スマホであらゆる角度から自分の顔を撮影していたのですが、それを見ると、まるで別人です。

今ではクリアで潤いに道が、健やかなお肌を維持することができてますよ。というわけで、最近なんだかちょっとお肌の調子が優れないと思っている方は、ぜひオーガニック化粧品を試してみてください。きっと劇的な変貌を遂げますよ。

もう一つ上の姉は赤ら顔で悩んでおり

赤ら顔専用の化粧水を使っています。それぞれ体質にあった化粧品選びはまず大前提ですね!

参考 赤ら顔とは

有機農法は手間がかかる

明確な基準ないオーガニックコスメはどうやって自分の肌に合う質のいいものをえらぶべきなのか。オーガニック成分配合といった表示見ればいかにも肌よさそうと思います。

そしてそれがどれぐらい含まれてるか、そのほかの成分に何が利用されてるのか知らなくて成分表示をしっかり見てみて下さい。そして天然由来成分多いとそれが肌にいいのかといえばそれも違ってきて、安全性高いですが、それがすべての人の肌に合うのかといえばそうではありません。

そして転円売らいだから敏感肌に刺激になるといったこともあってアレルギー原因になったりします。そして植物原料100%だから有効成分ダイレクトに肌に伝わって、時にピリッとした刺激感じたりします。

そして原料にアレルギーがないか、肌に合う減量化をよくみて選んでみてください。そして、製品そのものはケミカルコスメといってもよいのにほんの少しオーガニック原料配合しただけでオーガニックコスメ表示してる化粧品があるのです。質高いオーガニックコスメ見極めていくにはメーカーホームページをチェックしていきましょう。

そして原料はどこから調達してるか、製造過程はどうなってるか、どれぐらいの割合でオーガニック成分配合してるかなどをチェックしてみましょう。また、会社ポリシーも大事であり、どういった姿勢でオーガニックコスメ造りに携わってるのか、会社理念の参考になります。

基礎化粧品だけオーガニックコスメにこだわりメイク用品はケミカルで刺激強いものを利用したりしていませんか?

オーガニックコスメの洗浄力はそれほど強くなくて、メイクが肌に残って色素沈着お起こしてしまうケースがあるのです。またオーガニックコスメは価格高いものも特徴であり、有機農法はとても手間がかかる栽培法であり、人件費がとてもかかるのです。