表示成分を見ておくといい

オーガニックコスメは素材が大切ですが、化粧品素材に有機素材利用されてる物をオーガニックコスメと呼びます。そして無添加化粧品、自然派化粧品はオーガニックといったイメージ持ちやすいのですが、オーガニックはこれらとちょっと違います。

そして、日本でオーガニック認定は農林水産省管理していて、食品はオーガニックをうたうときはJAS法によって検査して認証されればマークを付けることが義務付けられているのです。

そして、オーガニックコスメは100%オーガニック原料のみで作られてるものもありますが、必要最低限の化学物質含まれてるのがあります。そして、大事なことは化学物質がすべて悪ではないということ。

人体に対して安全性確保され、化粧水など水分多い商品の筋増殖抑えて安全に利用するため必要なものであれば肌につけても問題ないのがあります。

そして化学物質が絶対にダメとせず、何が入ってるのか見極めていくのが大事なのです。そして日本はまだ化粧品のオーガニック認定をする機関がないですが、海外は独自の厳しい基準を持ち認定してる機関があります。また、ケミカルコスメからオーガニックコスメへ切り替え時期は肌なれるのに時間かかる方がいますが、肌が健康になれば過剰なスキンケア不要となります。肌が荒れてきたり、美容液などたくさんケアアイテム利用したり、肌へ刺激多くなってきたりなど悪循環ですが、本当に肌が必要とするものだけ利用してくケアなら、肌が自分で健康になっていくわけです。

そして、コスメ買うとき成分表示しっかりみて下さい。香料ですが、これについて明確な表示基準なく何でもひとくくりに香料と表示できるのです。そしてどういう香料はいってるのか、それが肌にどう影響あるのか知らないです。

 

最近ではオールインワンジェルなどもオーガニック思考のものもあるようです ⇒無印とかだしてきています

PR オールインワンジェルのおすすめサイト