お肌の荒れを気にしない自然派化粧品

ちょっと神経質なところがあるのか、化粧品に関してはオーガニックであったり無添加であったりで必要以上にこだわりを持っています。特に40代に入ってから気にするようになりました。

CMで放映されているような高価な化粧品は現在は一切使用していません。現在はということは以前は使っていたということです。なぜ使わなくなったかというと肌荒れがひどくなってきたからです。知名度の高い化粧品は確かに一度は使ってみたくなります。

でも実際のところ私の場合は肌荒れがひどくなってしまいました。急激にひどくなったわけではなく、使っているうちに少しずつ荒れてきた感じです。 確かに高価な化粧品はつけた後一時的に見た目は綺麗になったように感じます。

でもお肌に対しては刺激の強い添加物を多く入っているのも事実です。一時的な美容には効果的かもしれませんが、使っているうちに少しずつお肌にダメージを与え続けているように思います。少なくとも私の肌にとってはそうだったと感じています。若い頃はお肌も強かったのかその手の化粧品を使用しても問題ありませんでした。

お肌につけるとすぐに染み込んできてしっとり感を感じていました。肌質も良くなったような気もしていましたし、高価なだけあるなと思っていました。一方で自然派化粧品はお肌の浸透もいまいちだし、保湿においても瞬間的な効果は感じませんでした。若い頃はその瞬間的な一時的な部分で効果があるなしを決めていたと思います。

でも年齢を重ねていくと瞬間的なものよりもとにかくお肌にダメージを与えたくないという気持ちが強くなってくるものです。ブランド性の高い化粧品は一時的なお肌の荒れは防いでくれるし一時的な美容には効果があると思います。

自然派化粧品は効果を感じるまでには時間がかかりますが、自然素材のみを使用しているので日々使っているうちに肌質そのものを改善してくれます。

そこが一般的な市販品の化粧品とオーガニック系の大きな違いだと思います。