札幌の冬とスキーと森脇さん。
都心から1時間以内にスキー場が複数ある絶好のロケーションにありながら、市民のスキー離れが言われて久しい札幌。ちょっと待って!最近スキーが再び”熱い”ですよ。雪やスキーとの付き合い方のアイディアをいっぱい持っている森脇俊文さんに、札幌の冬やスキーについてあれこれお聞きしました。編集部のスキー愛好家はぎも参加。(森脇さんのプロフィールはこちら

第2回 山ガールに似合うスキーとは。

-- いわゆるスキーウエアと冬の「山ガール」のファッションは、
その生まれてくるところが全然ちがうわけですが、
山ガールとスキー、
どんなところに接点があるでしょうか。
森脇 ニーズがどこにあるかですよね。
山ガールが、どうして山ガールになったのか。


-- はい。
森脇 環境ブームという流れの中で、
エコな活動とかネイチャー、ナチュラルといったこと。
ヨガやピラティスで自分の体をケアして、
自分の体の内側を見つめて
デトックスだったり、食事にも気をつけて、
といったところから、自然に回帰するという流れになって、
そのまま自然回帰的な趣味になって・・・、
というのが、きっとあると思うんです。
-- ええ、ええ。
森脇 きっと、山ガールの「ヨガやってる率」って
高いと思うんですよね。
-- どうなんだろう。
森脇 やってる?って聞いたら、
半分以上やってるような気がするんです。
そういう、自然回帰の流れで言うと、
もしかするとスキーも、バックカントリースキーというスキーの方を、
山ガールはやっていく可能性がありますね。
ゲレンデスキーというよりも。
はぎ ホント、おっしゃるとおりで。
ぼくの知ってる山ガールは、夏はヨガやってます。
森脇 でしょう?
はぎ そして去年、スキーの裏に貼る「シール」を買って
冬山に行った。

-- そのまんまですね(笑)。
バックカントリースキーって
どういうところを滑るんですか。
ゲレンデスキーのコースではない山に、
すっと入ってしまうんですか。
森脇 はい、そのまんまです。
たとえば、札幌近郊であれば、いくつかのスキー場から上って
反対側の登山道を滑って降りることができる場所があります。
もちろん、知識のある人と一緒に行くことが必要です。
反対側に事前に車を置いておき、
それに乗ってスキー場へ戻るような方法で
楽しんでいる人たちがけっこういるんですよ。

-- そうですか。
森脇 みんなで到着場所まで車で行き、
1台置いてスキー場へ。
そして滑ってきたらその車で再びスキー場へ。
そんな感じです。
-- なるほど。
それなら仲間同士で気軽にできそうですね。
森脇 はい。ただ、当然のことですが
装備、知識、経験が必要なので
経験者と一緒に行くということと、
自己責任で行うということが前提ですが、
条件がととのえば、かなり安全に楽しめます。
-- ええ、ええ。
素人だけで行くことは
避けたほうが良いですね。
森脇 はい。
そして、いまのは滑ることだけの楽しみ方で。
最初から歩いて登って、下りを滑るという人もいるし。
バックカントリースキーは、「かんじき」の代わりに
太めのスキーを使って、太くなくてもいいんですけど、
毛皮の逆目をうまく使って後ろに滑らないような
「シール」というものをスキー板の裏に着けて
山の中をのぼっていって、
斜めに登坂していくんですよ。
まっすぐ直登しないで。
-- 登坂。直登。
森脇 すると、かんじきと同じように、
沈まない状態で頂上まで上がって行けて、
頂上で「シール」を外したら、
パウダースノーを滑って降りてこれる。
-- 帰りがたのしそう。
森脇 帰りが楽なのが、冬山登山の魅力ですよ。
帰りは滑るだけだから。

-- 滑って降りられるというのは良いですね。
かんじきではできない。
森脇 そう。それを味わうと、夏山の登山がつらく感じるくらい。
-- 夏と違って樹木の緑が無いけれど、
葉がないから、鳥がよく見えるのも良いですね。
森脇 動物の足あとが見えたりとか。
-- 近場で楽しめそうですね。
札幌って周りに山がいっぱいありますよね。
都心からも円山や藻岩山、盤渓とかがすぐあって。
手稲山もスキー場までも交通の便もいいし。
そういう意味でめぐまれてますよね。
森脇 自然に囲まれていますよね。
でかい都市の割には、大自然だらけなんです。
-- ということは、もっと気軽に、
しかも自分の好きなタイプのスキーを楽しめる、
ということですね。
森脇 そこで、スキーについて、ぼくなりの仮説が一つあって。
-- なぜスキーから離れてしまったのか。

(つづく)
.
話・森脇俊文
撮影協力・kenon(ケノン)(札幌市北区新琴似5条12丁目5-17)


バックカントリースキーのこと

バックカントリースキーは、冬の野山を自由にかけまわれる魅力的な活動です。
スキー板や装備をそろえて、いざ山へ!・・・と言いたいところですが、
始める前に、いくつか気をつけなければならないことがあります。
山に入るときに、入山届けをしなければならなかったり、
スキー場内では立ち入り禁止区域があるなど、守らなければならないルールがあります。
また、雪崩や天候の変化、装備が足りなかったり道に迷ってしまうと命の危険もあるため、特に初心者は専門ガイドと一緒に歩くことをおすすめします。
山用具専門店、アウトドアガイド・ツアー窓口、スキー場のスタッフなどにまずは相談して、安全の基本を押さえた上で、バックカントリースキーを楽しみましょう!