札幌の冬とスキーと森脇さん。
都心から1時間以内にスキー場が複数ある絶好のロケーションにありながら、市民のスキー離れが言われて久しい札幌。ちょっと待って!最近スキーが再び”熱い”ですよ。雪やスキーとの付き合い方のアイディアをいっぱい持っている森脇俊文さんに、札幌の冬やスキーについてあれこれお聞きしました。編集部のスキー愛好家はぎも参加。(森脇さんのプロフィールはこちら

第4回 スキー場が面白くなってきている。

森脇 で、いまこれが一番王道なんだろうなと
思う方法でやっているのが。
-- はい。
森脇 星野リゾートの社長の星野佳路さんが、
若者は一過性のブームで終わってしまう可能性があるから
そこに絞るのはリスクがある。
でも親子は、継続的に続けるし、世代を超えても、
その子どもが親になったときにも子どもにもスキーを教えるだろう、
ということを言っています。
海外のデータによれば、
両親がスキーをしていた子どもの8割が継続的に
スキーをするようになっているそうです。


-- へえ。
森脇 片方の親だったら、半分くらいしかスキーをしない。
-- そして両親だったら8割!
家族の影響って大きいですね。
森脇 そういった部分でも、親と子が一緒にスキー場に行って、
みんなが楽しめる仕組みさえつくれば、
継続的なスキーの良い循環ができるだろうと。
そのためには、「親子」に焦点を絞るべきだということに
徹底的に力を入れて、アルファリゾート・トマムでは
リフトの距離を縮めたんです。
(詳しくはトマムのこちらのページ
-- リフトを切った、と。
それってすごいことなんですよね?
森脇 すごい大英断で。
-- 長いほうがいいわけですよね、
今までの考えだと。
森脇 そう、上まであったほうが、上から滑れるから。
いままでは、タワーからすぐのリフトから上まで一気に上れて、
ビューッと下まで滑れたんだけど、
ここで終わりにして、カットしちゃったの(下図、第4ペアリフト)。

森脇 どうなったかというと、
子どもが何回も滑れるようになったの。
-- 上の図の黄色い部分、
「ファミリーゲレンデ」を使う人専用になったんですね。
森脇 なだらかなところだけをずっと滑れるから子どもは楽しめる。
で、リフトが無くなった上のほうは、思い切って
パウダリーゾーンとして、別のリフト(第5ペアリフト)で途中まで上がって
そこからハイクアップしてパウダースノーを楽しめるようにした。
わざわざ有る施設を切って、
ここ(下の斜面)だけで回すようにするというのは、
よほど勇気がいることなんですけれども。
でも、絶対に正しいんですよ。
-- 相当思い切ってファミリーに特化したわけですね。
森脇 これは、親子に力を入れるのが
いかに大事かということなんです。
スキー業界ではこのことを知っている人が多いので、
札幌でも親子に力を入れるイベントが増えるはずなんです。
-- スキー業界の人たちは「親子だね」と。
森脇 いまそういった部分で、
「なんちゃってクロス」というのが流行っているんですよ。
-- 「なんちゃってクロス」。
森脇 札幌のスキー場でもこれから
あちこちに出てくると思われます。
-- クロス・・・。
森脇 同時にみんながスタートする競技スポーツを
「~クロス」といいますね。
モータークロスとか、スキークロスとか。
はぎ スキークロスはオリンピック種目にもなってますね。
何人かで一斉に滑って速さを競う競技です。
-- あ、コースがサーキットみたいになって
みんなでぐるぐる滑っている、アレだ。
森脇 そうです。同時スタートでだれが一番先に着くか。
スノーボードクロスとか。そういうのがあるんですよ。
-- はい。
森脇 そういうふうに同時スタートで交錯するから
「クロス」って言うと思うんですが、
子ども用の「なんちゃってクロス」っていうのがあるんです。
一人ずつ滑るので「なんちゃって」だと思うんですけどね。
で、そのコースっていうのは起伏に富んでいるんですよ。
ゲレンデをコースカットして、ネットでふさいで、
横に曲がるときには傾いて、縦に行く時はウェーブが3つあって、
ジャンプ台があって、というようなものですね。
それを上手に攻略していくことで
速く滑れるんです、速いライダーは。
それは子どもにとって「スキーの障害物競争」なんです。
超楽しいんですよ!


サッポロテイネのなんちゃってクロス動画です。

-- 楽しそうですねー!
森脇 でこぼこ滑るのが好きですからね、子どもって。
ジャンプしたり、ショートカットしたいし、
人の滑っていないところを滑りたいし。
それを安全に設計してあるんです。
-- へえ。そういえば、
子どものときにおもちゃ屋さんで売ってたミニスキーをはいて、
近所の公園でわざわざジャンプ台をつくったりしたなあ。
森脇 わざわざ平らにしないで、
安全に起伏を作っているのが
「なんちゃってクロス」というコース。
これは、夕張マウントレースイサッポロテイネがやっています。
これもトマムの話と一緒で、いま日本中が注目しています。
ぼくも昨年滑ってきたんですけど、面白かったです。
-- 大人もできるんですね。
森脇 大人も滑れるので。
そういうふうに起伏を使って遊ぶ原点回帰というのが、
大人にも生まれ始めていて。
-- 遊びの原点回帰。
森脇 そうですね。
純粋に上から下まで滑って行くときに
飛んだり跳ねたりするのはが楽しいのではないか、
それを安全にスキー場が設計しようぜ、
という流れが出てきていて。
まず、それに火をつけたのが
スノーボーダーたちなんですよ。

(つづく)
.
話・森脇俊文
撮影協力・kenon(ケノン)(札幌市北区新琴似5条12丁目5-17)
協力・ アルファリゾート・トマムサッポロ・テイネマウントレースイ