札幌の冬とスキーと森脇さん。
都心から1時間以内にスキー場が複数ある絶好のロケーションにありながら、市民のスキー離れが言われて久しい札幌。ちょっと待って!最近スキーが再び”熱い”ですよ。雪やスキーとの付き合い方のアイディアをいっぱい持っている森脇俊文さんに、札幌の冬やスキーについてあれこれお聞きしました。編集部のスキー愛好家はぎも参加。(森脇さんのプロフィールはこちら

第6回 スキーでも「俺流」の遊び方を。

-- 「当て込み」だとか、スノーボードなどの横乗り文化には、
「雪を遊ぶ」という発想が面白いですね。
森脇 スノーボーダーはそういう遊び方であれば
どこでもできるし、自分なりのスタイルを出せるから楽しめる。
山を登らなくても5メートルの半径があれば、
そこで遊べちゃうんです。
だから、スケボーぽくなってきてますね。


-- なるほど。
スノーボーダーたちのそうした雪を遊ぶ横乗りな遊び方が、
スキーでもいろいろできそうですね。
そして、スキー場の側も、
そういう遊び方のニーズに応えられることが
必要になっているというわけですね。
はぎ 最近子どもや若者にスキー場が目を向け始めたりしたことは、
相当な危機感があってのことなんだと思います。
スキー学習が減ってきているから、
スキーにふれずに育ってしまう子どもが
出てきてしまうんじゃないかとか。
-- スキー学習って、減っているんですか。
はぎ スキー学習は昔よりも時間が減っています。
ただ、平成24年度からは授業時間が増えるようです(※)
とはいえ、いまはまだ少ないですね。
完全に子どもの遊びが、雪遊びからゲームになってしまいました。
外に出なくなってしまった。
森脇 ゲームだったり、英会話だったり、フラメンコだったり
パソコンだったり携帯だったり、
他のアクティビティやサービスが、この20年間で
飛躍的に技術が向上したり、
楽しさを飛躍的に引き上げたりしてるんだけれど、
スキー場はこの20年間でそれと同じスピードでは進んでこなかった。
良くなってはいたんだけど、
全然追いつかないレベルで他が伸びてしまったんですね。
スキー関係の企業がもっと面白いことをすれば、
そして私たちがもっと面白いことを提案できれば、
スキー場に人は来る。
でも20年前から同じ形をしていたら誰も振り向かないよ、
ということだと思うんです。

-- そうですよね。
森脇 で、新しく、いま面白いとされているのが、
バックカントリー。
-- ここで登場ですね!バックカントリースキー。
「山ガール」がはまりそうなスキー、
ということでしたね。
森脇 いますごいブームなんです。
太いスキーが山ほど出てるんですよ、昔と比べて。
-- バックカントリーというのは、
スキー板の種類がまた違うんですね。
森脇 浮力のある、「かんじき」みたいなスキーがあるんです。
太いので、浮力感がすごいんです。
ちょっと極端に描くと、こんな感じです。

-- いまのスキー、昔のスキー、そして
右がバックカントリーです。
そうか。
スキーひとつとっても、楽しみ方が多様になっているのですね。
森脇 たとえばバックカントリーの場合は、
今までにない大自然の空中に浮いているような浮遊感。
ひとつは、子どもたちのなんちゃってクロス。
ひとつは、スノーボーダーたちの地形を遊ぶ感じ。
そして、遊び方の提案が最近の危機感により、
もしくは、若者たちが新しいものを探しだす嗅覚により、
どんどん広まってきているんですね。
スキー場もそれにより未圧雪コースというのを提供し始めたり。
最近圧雪しなくなりましたからね、コースの一部を。
はぎ 手入れしないけど、
自分の責任で楽しんでください、という。
いわゆるパウダースノーを楽しめるコースです。

森脇 未圧雪とか、非圧雪バーンという場所を、
スキー場は、世の中の温度に合わせて意図的につくる。
ここは非圧雪コースで、こっちはなんちゃってクロスのコースで、
こっちはジャンプできるコースでと。
こちら側から提案したものを、やっと作れるようになってきた。
遅すぎたんですけど、復活のきざしはあると思います。
はぎ 斜陽傾向が続いたスキー業界が、
いまようやく復活に向けてかじを切り始めたと言うか、
上向き始めた。
今年あたりが転換点じゃないかなと思います。
業界が独自に動きはじめたし、
行政も札幌の場合はスキー学習に力を入れ始めたというのもあるし。
札幌市教育委員会で「さっぽろっこ雪シンポジウム」(※)のようなことを
したというのは、すごいことだと思います。
けっこう勝負どきですよね、この2、3年が。

(つづく)
.
話・森脇俊文
撮影協力・kenon(ケノン)(札幌市北区新琴似5条12丁目5-17)


スキー学習時間数
札幌市教育委員会が、「札幌市学校教育の重点」というものに「雪」という項目を入れ、スキー学習を重視する取組をはじめています。平成22年度は、全市規模でのスキーリサイクルを開始、また、平成24年度からは小中学校でのスキー学習の時間数が増えることになっています。
[LINK] 札幌市教育委員会 | 札幌らしい特色ある学校教育の推進について

さっぽろっこ雪シンポジウム
札幌市教育委員会が主催、2010年11月13日(土)、スキーをテーマに開催された。元デモンストレーター3名による鼎談、現役スキーヤー等も交えてのパネルディスカッションにより、スキーの魅力、スキー学習の新しい取り組みなどが話されました。ほかに、会場ではスキーリサイクルの受け渡しも行われました。