おなじ街を歩いていても、
人によって見えるものはちがうでしょう。

「札幌てくてく」初めての、だれかと歩く街歩き企画。
いろんなものを発見してくれそうな
「おーちゃん」こと太田稔さんと
札幌の街なかを歩いてみました。
歩くルートをきっちりと決めずに、
気のおもむくままに。

みんなで歩いてちょこちょこ見つけた「プチ発見」は
果たしてどんなものだったでしょう。
数回にわたっての連載を、どうぞお楽しみください。
(太田稔さんのプロフィールはこちら

太田さんとぶらぶら探検(8)「すすきのの駄菓子屋さん」

[ 2009/06/24更新 ]

太田そうだ!あそこの市場に行こう。
すすきの市場。
さわ市場行きたいですね!


てくてくゼロ番地。
すすきの市場。
さわうわあああ、入ってみたいぃぃぃ・・・・。
「ススキノアパート」かあ。
太田入ってみたいよね。
でも住宅だから・・・。
入口だけのぞいてみましょうか。
さわわあ、長い。
太田わあ、すごいなここ(ささやき声で)。
菰田この廊下、反対側まで続いているんですかね。
てくこの排気ダクトが何かを物語っている。
菰田ベコベコですね。



太田ここにも自転車が。
てくてく配達用ですかね。
さわ前にも後ろにも乗せて、手にも持って
スナックとかに出前をするのかな。
太田じゃ、ちょっと市場に入ってみますか。

さわああ、駄菓子やさんだ。
うわ、買い物したい!
てくてく懐かしの「カルミン」がありますね。
お店の方わかんないのがあれば、
つまんでいけばいいしょ。
さわえー!いいんですか。
太田何か買って行こうかな。
すみません、これ100グラムお願いします。
太田(お店の方に)どういう人が買っていくんですか。
お店の方どういう人?うーん、
あっちのほう(乾き物)はスナックなのかなあ。
こっちのお菓子のほうは、
懐かしがって買って行かれる方が多いですよ。
太田これが懐かしいよね、この入れ物。
さわいつからいつまでやってるんですか。
お店の方うちは11時くらいから20時まで。
さわ結構長いんですね。
お店の方やっぱり夜の方がご利用になるので。
太田あ、きなこねじりだ。
さわ変わり玉だ。
あ、ラッキョ飴・・懐かしい!
てくてく見てるだけで盛り上がりますね(笑)。
太田大正飴だ。
お店の方大正飴は4月でだいたい終わりですね。
溶けちゃうの。暖かいと。
太田そうなのかー。
いやあ、ここ、面白いなあ。
お店の方いま、うちの親父とやっているんですよ。
80歳になったのが14時くらいになると来ますよ。
太田え、何代目くらいなんですか。
お店の方ここはね、1回(経営者が)
替わってるんですけど。
前にやっていたうちが3代目のとき
うちに替わったんですね。
太田そんなになるんですか。
お店の方店自体は古いですね。
太田ずっと、こういったお菓子を
扱っていらっしゃるんですか。
お店の方店自体はね、ずっとお菓子で。
でもうちはね、ここにおつまみをずっと、
40年くらい入れてたんですよ。

それで、前の大将が「もう高齢だから、誰かいないか」
ということで。
太田へえ。じゃあ、それで
いま5代目。
お店の方その方も80何歳までやってたんですよ。
それで、もうそろそろいいだろう、ということで。

じゃあ私のところで替わりにやりましょう
ということになって、
こうなっちゃいましたね(笑)。
太田へえ。やっぱり、
飲み屋さんには必要ですからね!
こういうお店は。
お店の方今はいなくなっちゃったからね。

昔は配達する人がたくさんいたんだけど
自転車とかに積んで走ってる人がね。

今はだいぶ景気が悪くなって
いなくなっちゃったからねえ。
太田じゃあ、このお店自体も古いんですね。
お店の方古いですよ。
立て替える前も市場でしたから。
太田立て替えたのはどれくらい前なんですか。
お店の方ええと・・・昭和40何年だったかな。
太田ああ、じゃ、40年近いですね。
お店の方そう。ここ自体も古いよね。
でもその前からあるから・・・。
太田出勤前のおねえさまたちが
来られるんでしょうね!
一同お邪魔しました。ありがとうございました!
(つづく)
前のページへ このページトップへ 次のページへ