てくてくしてきました。
札幌都心のイベント、出来事などに、「てくてく」おでかけしてきたレポートです。

北海道マラソンを観戦しました!


いつもは割とまちの風景として眺めている北海道マラソンですが、今年は知り合いが出場することもあり、ちょっと観戦モードで写真を撮ってみました。場所は、まずは創成川の南5条付近。そしてゴール近くの道庁赤れんがを背景に大通公園に向かって走るあたりの2か所。

コースは、スタート地点から8kmくらいの南7条橋をわたったところから創成川をまず北上します。わたしが応援した地点は、創成川アンダーパスに入る手前の南5条のところです。

創成川沿いに植えられている大きな柳の木が、とても気持ちのよい空間をつくりだしてます。

まだかな、まだかなと待っていると、こういう、先頭のタイムを表示した車がきて、一気に沿道の応援の熱気が高まるんですねー。

それから白バイに先導されて先頭集団が見えてくる。

きた、きたきたっ!男子トップ集団です。

ここでは優勝したアルン・ジョロゲ選手の姿はわたしは確認できませんでしたが、ゼッケン「2」のベテラン小林誠治選手の姿がばっちり!

アスリートを間近で見ると、筋肉のつきかたや動きがすごいなあ。

そして、男子の速い人たちに混ざって、女子の先頭も見えてきました。
右から2人目のお腹が見えている人、女子です。

わっと人がかたまっていて見づらかったのですが、真横からみると優勝した森本選手や3位の渋井選手を発見。

右側の緑の人が渋井で、左から4人目のピンクの人が森本だと思います。
そのあと、ものすごい人数の市民ランナーがかけぬけていきました。

それにしても、こんなに多くの人が走るんだなー。
スタート地点では走るというより歩くという感じだったんじゃないだろうか。

知り合いが通り過ぎてから、大通公園へ移動。
とちゅう、地下に降りてこういうイベントを見つつ。

ゴール近くには既に10重くらいの人が重なっていて、そこで写真を撮るのは大変。

まあでも、ちょっとテクニックをつかいまして・・前のほうへ。

でも最初のうちは全然思うように撮れなくて。
男子優勝のアルン・ジョロゲ選手の写真は、撮れたものの、こんなブレブレに・・・。

上位の選手。

よく見ると、後ろの選手が迫ってきている!

観衆がおおっ!とどよめいてました。

そして、ピンクのウェアに「23」番、女子優勝の森本友選手!

吉田香織選手は撮れませんでしたが、渋井陽子選手!

そして、気温29度の中、次々とゴールする市民ランナーたち。

いやいやもう、チャレンジするだけですごいですよー。
知り合いを応援に行ったのですが、知り合いがくるまでの間、他の選手たちの応援にもだんだん熱が入っていき、しまいには応援にハマっていたワタクシでした。

完走したみなさんはもちろん、途中バスに拾われていったみなさんも、
おつかれさまでした!

北海道マラソン
http://www.hokkaido-marathon.com/