てくてくしてきました。
札幌都心のイベント、出来事などに、「てくてく」おでかけしてきたレポートです。

「さっぽろタパス2012」で「Beast Kitchen」。

只今開催中の「さっぽろタパス」。
わたしは5枚綴りのチケットを買ったので、
2枚ずつ使うようなこと(ランチとか)がなければ、5店めぐれます。
1店目は、「バルコ札幌」さんに行って、その日はそれで帰ったのでした。

次の晩は、ブックを見ながら悩んだ結果、
狸小路の「L字小路」界隈にすることに決定。
狸小路1丁目には、西2丁目通りから入って狸小路側に抜けるL字型の小路があって、
小さめの面白いお店が軒を連ねてるんです。

ふらりと入ったわたしの2店目は、「Beast Kitchen」(ビースト・キッチン)でした。
ガラス窓から厨房のようすが見えて、
なんだかフラフラフラ~~ッと立ち寄りやすいふんいきだったので。
それほど広い店内というわけではないけれど、
お店のマスターの心配りが行き届いているせいか、
お客さんそれぞれのおしゃべりに花を咲かせるのにちょうどいい距離感。

カウンターの向こう側でじゅうっとお鍋が音を立てているのを視界の片隅に確認しつつ、
ぼうっとお料理が出てくるのを待つ。

「さっぽろタパス」メニューは、1ドリンクと「本日のおつまみ」でした。
何が出てくるか、食いしん坊としてはものすごく気になります。

キタ、キタ、キタ~~!

うーん、酒好きにはたまらない肴がこんなに何種類も!
(わたしはお酒飲まないけど・・)
こんなにいいの?お店だいじょうぶなの???
・・・と、心配になったのも束の間。
心配より何より、これだけ食べられるのは、ただ素直にうれしい(笑)。

この日は、合鴨のローストに、これは柚子胡椒かな?
烏賊の刺身が酒盗らしいもので和えてあって、
クリームチーズに胡麻がふってある。
しめ鯖は、スモーキーでいい感じ。
椎茸の中身はなんだろう。グツグツ熱めで、ブルーチーズ風味でした。
蒸し焼きされたズッキーニとヤングコーンは、
噛みしめると出てくる野菜のもつ甘味に、
思わず「ビールくださーい!」と言ってしまいそう。

お行儀良すぎないふんいきが心地良く
美味しい料理でお酒がすすむお店でした。

日本酒が何本かポンポンとカウンターにならんでいたので、
飲めるかたは、ぜひ日本酒でぐいっとやっちゃってください。

Beast Kitchen
札幌市中央区南2条西1丁目5-7 第一広和ビル1F
18:00-26:00