てくてくしてきました。
札幌都心のイベント、出来事などに、「てくてく」おでかけしてきたレポートです。

「さっぽろタパス」4軒目は、「osteria EST EST EST」。

さっぽろタパス」で狸小路1丁目界隈をうろうろして、
「TSUBAKI HALL」(ツバキホール)を出て、
「osteria EST EST EST」(エスト・エスト・エスト)へ。

ほんとうは「TSUBAKI HALL」で
きょうの分の「タパス」は終了のつもりだったのですよ。
すぐにチケット「ボノタパス」をつかい切ってしまったら
お楽しみが終わってしまう気がしたので、
また別の日にするはずだったけれど、なんとなーく
足が「EST EST EST」へ向いてしまった(笑)。

ことしはエリアで回ろうと思っていて、
「狸小路1丁目界隈」「南3条界隈」「円山界隈」のどこかにするはずだった。
けれど、周辺に参加店が少ない「札幌駅北側」はどうかなー、と思いまして。
それまでに飲んで食べてご機嫌だったこともあって
ついつい弾みがついて、もう一軒。

「EST EST EST」は、イタリアン好きの札幌女子ならば
おそらく行ったことがない人がいないのではないだろうか。
以前は南3条西3丁目の飲食ビルにあったのだけど、
最近北9条西2丁目のビル1階に引っ越してきて、
あー、ここにできたんだー、と思いつつ
よく前を通ってました。

店が通りに面して全面ガラス張りなので、
赤色の椅子が印象的なおしゃれなインテリアが
外からよく見える開放的なつくりとなっている。

若い人たちが、食事をしながら楽しそうに過ごしているなー、
というのが外から見ているときの印象でした。

それで、アラフォーの女性がひとりでお店に立ち寄るには敷居が高い
・・・・かというと、わたしはそういうふうには思わない性格なので、
とりあえずお店に入ってみる。

入ると、カウンターに通された。
少し目隠しになっていて、周りが気にならない。

ボトルが並んでいるのを眺めるのも悪くない。
カウンターの片隅には『新 世界の路地裏』などの本が並んでいて、
料理を待つあいだ、本をめくりながらのんびりすごすのもいいかも。

「さっぽろタパス」のメニューは、
ドリンクとしてはオーガニックの洋梨ワインなどがあったのだけど、
お酒は飲めなかったので、わたしは温かい紅茶に。
真夏のような暑さではあるけど。

お料理は、フォアグラのクロスティーニ。

これが2切れに、小さい胡瓜のピクルス コルニッションが2つ。

見た目は、ボリュームが少ないようですが、なんのその。
フォアグラですから!

クロスティーニとコルニションを
ひと齧りずつ交互にいくのが病みつきになる。

けっこうな充実感で、これまたお酒がすすみそう。

このエリアの飲食店は、いわゆる「居酒屋」が多いので
女性がひとりで立ち寄りやすいこうしたお店は貴重。

お店のかたのお話によれば、
仕事帰りにここで軽く食事をして帰るお客さんも多いのだとか。

今度はパスタや、肉系のお料理を食べに入りたいな。

osteria EST EST EST
札幌市北区北9条西2丁目4-1ホワイトキューブ札幌1F
http://www.frs.me/